2008年09月30日

成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語 神田昌典

成功者の告白成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語
神田 昌典 (著)
出版社: 講談社 (2006/09)
ISBN-10: 4062810530

9月、最後の書籍です。

「R25編集長絶賛のベストセラー」なんてありますが、
何かの著書でおすすめと書かれており、手に取りました。

人生はいろいろな試練・難関があり、
乗り越えながら歩んでいくということがよくわかります。

この本に関しては、
フリーのデザイナーとして仕事をする人には必ず読んでおいてもらいたい。

仕事をするなかで、仕事、家庭(夫婦・こども)の問題と
次から次へと問題が勃発します。

この著書を読めば、少なからず起こるべきあろうことが理解できます。

まして家族の大病なんて、思いもよらないが本当に起こるのである。
私の妻は無事完治したが、難病認定の病気になり2ヶ月入院した。
死すら目の前にした状況で生き方を変えたかったのであろう。
退院したあとから、家庭内で問題が勃発。
その半年後に別居。離婚調停。

本著には「仕事が成功しても家庭が崩壊では、何のための起業なのか?」
ということが書かれています。

私の場合は残念ながら家庭は崩壊しました・・・
自らが成功しているとはいいませんが、
成功に向けて努力するさなかで、いろいろな問題が起こるのです。

後進のためにおすすめいたします。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(17) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

人とお金が集まる! 笑顔のつくり方 門川 義彦

人とお金が集まる! 笑顔のつくり方人とお金が集まる! 笑顔のつくり方
門川 義彦
出版社: PHP研究所 (2008/9/19)
ISBN-10: 4569701051


初対面の印象に自信がありますか?

7万人以上の指導実績のある「笑顔コンサルタント」の著者が、
笑顔のコミュニケーションを教えてくれます。

「口に割り箸を加えて・・・」といった基本動作から、
顔の表情の筋肉を動かす体操といった
「笑顔のレッスン&エクササイズ」で、
笑顔アップ・印象アップに繋げられるかもしれません。

顔の体操をみていると、小顔ダイエットの筋肉の鍛え方とよく似ています。

人の脳にある神経細胞のネットワーク「ミラーニューロン」の働きで、
「ミラー効果」という目の前の相手の人の行動に反応し、
自分も同じ行動をしたり、同じような感情を持つと言われています。

表情や好き嫌いもは良くも悪くも伝染するようです。
自分が嫌いな相手は、相手も自分が嫌いなのでは思えるのも納得がいきます。

お互いに仕事をする関係を築くのであれば、
好きな相手と思える方がいいでしょう。

あなたから、ステキな印象である「口角を上げた笑顔」を実践してみてはいかがでしょうか?

面接においても「緊張せずに力を抜いてください」といった場面で、
安堵の瞬間に表れる応募者の笑顔は、好印象のときがありますよ。

ぜひともコミュニケーションの1つとしてマスターしてもいいのかもしれません。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール 福沢 恵子 勝間 和代

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール
福沢 恵子 (著), 勝間 和代 (著)
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007/6/15)
ISBN-10: 4887595549

「いまこの本を手にとっているあなたは、とてもラッキーです。」

そんな冒頭からはじまる15の会社のルールを教えてくれます。
私自身が会社員ではありませんので、読む目的は異なります。

社外のクライアントは会社員の方が多く、
会社組織でどのような立場であるのか、どのような提案が必要か、
その方が組織でどう動くのかをとらえて提案をおこないます。

社内提案しやすい、モチベーションを高めるような
提案を考えながら目を通していました。

「ルール4」にあるが、
「仕事は中身が重要であり、お金にこだわるべきではない。」

いかにも、芸術やデザイン関係の会社への入社目的として聞き入れられる表現であった。

多くの新卒者はこれでもいいので、広告マスコミ関係に勤めたいと願うのであろう。
だたし、入社数年はそれでもいいのかもしれない。

しかし、広告マスコミ系の仕事は残業も多く、
好きでないと心が折れてしまうほどの激務である。

カラダも確実に蝕まれる。食事が不安定で太るのはよくあること。
ホルモンバランスが崩れて虫歯にもなりやすい。しかし治療に行く時間がなく悪化。
仕事量も多く、自分から言い出せない人は、
病院に通院できる仕事ではないため、倒れてからがでは最悪が待ち受ける場合も。
私が以前勤めていた会社の先輩は、治療が遅れて末期癌で亡くなりました・・・

そのようなことまで、あまり考えることはないが、

ルールの解答にあるように、
「働きに見合った報酬を要求しないと、なめられる。」(いい表現ではないが)
お金は評価のバラメーターである。

「お金と仕事内容、そして時間のバランスを考える」
あながた仕事を行うことによって、
どれだけ金銭的価値を生みだしているのか確認しながら働かなければならない。
そうでなければ、会社にいるだけの社員となってします。

あなたの価値にあった会社へのキャリアアップも臨めなくなってしまいます。
キャリアアップにも時間とお金も必要です。

そのためにはライフワークバランスを見直すことも必要です。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(13) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

プロフェッショナルプレゼン。 相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。 小沢 正光

プロフェッショナルプレゼン。プロフェッショナルプレゼン。 相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。
小沢 正光
出版社: インプレスジャパン (2008/9/12)
ISBN-10: 4844326228


株式会社博報堂のクリエイティブディレクター広告のプロの著書。

印象的であったのが

『若いクリエイターのなかには、「ちゃんと整理してからオリエンをしてほしいな」など陰でぶつぶつ文句をいう人もいる』

というフレーズだ。

これに続く言葉が、

「クライアントも優秀な人材を抱えた企業だか、彼らをもってしても、不振の原因がうまく整理できなかったのだ。問題がそれだけ難しいのである。」

「プレゼンのスキルアップという意味でいえば、これほど恵まれた環境はない。」


さすがにこの言葉は、プレゼンテーションの経験を積み、クライアントへの強い思いが感じられる。


心情的にどうしても「丸投げ(まるごと全部、考えずに課題を渡された)された」というように考えたりする部分は、若いクリエイターだけでないはずだ。



話が変わるが、

著者がいうにはプレゼンは「通った」「通らなかった」は、プレゼンターの目線。

本質はクライアントである受け手から「選んでくれた」「選んでもらえなかった」となるはずである。

プレゼンは説得する場ではなく、受け手のためのものであり、理解してもらう場である。

話す側、受ける側だけでも成立せず、究極的には共同作業であると結ばれる。

プレゼンのプロであるゆえの繊細な手法が、ひしひしと伝わります。
久しぶりに良書と出会えた。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

脳を活かす勉強法 茂木 健一郎

脳を活かす勉強法脳を活かす勉強法
茂木 健一郎 (著)
出版社: PHP研究所 (2007/12/4)
ISBN-10: 4569696791


脳科学の第一人者である著者だけあり、書かれている内容は、
「あるある」「そうそう」と思えるものが多く、
なぜ、テスト前に記憶できていたのか理論的によくわかる。

単語カードにしても、単語カードで覚えるというより、
単語カードを作って書いているうちに覚えてしまうなどはいい例だ。

仕事で新しいビジネス用語やIT用語など、企画書にて意識して使っていると
いつのまにか覚えてしまったり、
新しい用語に対してアンテナが張られて、吸収しやすくなるもの理解できる。

『「突き抜ける感覚」は絶対クセになる。』の中で、
苦しければ、苦しいほど、その後の達成した喜びは大きく、より強化されるとある。
部活や勉強など苦労しながら努力した経験は、まさにこのことだろう。

達成した苦労は乗り越えた糧となり、今後の人生にも大きく影響してくる。

私の体験では中学の頃、数学が苦手であった。
友人と点数を競いあい、負けないようにひたすら数学の問題を解きつづけたあるとき、
解答法のパターンを発見して連続2回のテストで100点を取ったことが成功体験である。
昔の話であるが・・・
それからは「なんとかなる」という自信がついた。

『学習することは、今までと違う自分になること』と本著の中にある。

学ぶことに楽しさを思い出させてくれる一冊である。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

使う力 知識とスキルを結果につなげる 御立 尚資

使う力 知識とスキルを結果につなげる
使う力 知識とスキルを結果につなげる
御立 尚資 (著)
出版社: PHP研究所 (2006/04)
ISBN-10: 4569648967


大切なことは「知識」×「使う力」で結果を出すこと。

両者はかけ算であり、
知識が「100」でも使う力が「0」なら結果も「0」。

という理論のもと、使い力をどのように蓄積すればいいのか。
蓄積にはどんな分野を、学べばいいのかが書かれている。

ただし、詳細がまで書かれてはいないので、
その分野の学習は別の書籍で理解していく必要がある。

ビジネスパーソンが身につける価値の高いものとして
以下が上げられている。

「頭の使い方」に関するスキル
●ベーシックスキル
ロジカルシンキング、図解の技術、モデル構築
●応用スキル
定量化、グラフ発想、クリエイティブ・シンキング

「心の使い方」に関するスキル
●ベーシックスキル
プレゼンテーション、ファシリテーション、ネゴシエーション
●応用スキル
アクティブ・リスニング、コーチング

デザイン系の高校や大学では、なかなか接することが少ない分野である。
プレゼンテーションが課題であるぐらいであろう。

ファシリテーション、ネゴシエーションなどは、
学外での活動を行っていないと身につくことはない。

最近では「IT」「金融」「語学」の知識が取りあげられますが、
学ぶべき課題は多いですね。

何を勉強すればいいかわからないという人には一読してみても
いいのではないでしょうか。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 奥野 宣之

情報は1冊のノートにまとめなさい
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
奥野 宣之 (著)
出版社: ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2008/3/12)
ISBN-10: 4901491768

著者によると、
A6サイズの100円ノートに情報を書き込む。
コンビニでも売っているので手軽。

汚れても気にしない。
1冊を使い切ったら新しいモノになるので大丈夫だそうである。

たしかに、著書を読んでから私も1冊コンビニでかった
コクヨのキャンパスがカバンに入っている。

「持ち歩くのは1冊だけで、情報の一元化をおこなう」

このことについては、
仕事がらクライアントの目の前で、100円ノートを出して書き込みはできない。
「見せ手帳」でもいいが、革の手帳に書いていくことをすすめたい。

デザインを売る仕事、やはり見た目の小物など、
ある程度ランクを落としてはいけない部分はある。

どの著書で読んだのか忘れてしまったが
「どんな人から、どんな場所で、どんな雰囲気で商品を買いたいのか」
さらにいえば、「どんな人といっしょに仕事をしたいのか」

いつもの商談室で、同じ人と話をしていては、
次第に気にすることさえなくなってしまうだろうが、
最初はお互いにチェックが入っていたはずだ。

不潔な見た目で、持っている手帳は100円均一で買ったようなノート、
ボールペンはビジネスホテルやどこぞのキャンペーン品。
これはちょっと仕事を出せない・・・

極端だが
会社の出入りさえ・・・ちょっと、
他の取引先に見られたくないなんてこともあるはずである。

外せないポイントはあるにせよ、「A6ノート」は実に便利である。

ちなみに私はこのノートはレコーディングダイエットようである。
レシートのない商品の購入用など、家計簿的役割をしている。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

プロカウンセラーの聞く技術 東山 紘久

プロカウンセラーの聞く技術
プロカウンセラーの聞く技術
東山 紘久 (著)
出版社: 創元社 (2000/09)
ISBN-10: 4422112570

臨床心理士として活躍する著者のベストセラーであるが、
昨日の「和田裕美の人に好かれる話し方 和田 裕美(著)」の、
『人は自分の話を聞いてくれる人が好きである。』に通じる。

人から好いてもらうためには、人間関係の相互理解からはじまる。
相手の言いたいこと、要求を聞かずして相手のことがわかるのだろうか。

もちろん、自分の意見とぶつかることもあるだろう。
聞いているだけの相手では、ふとした瞬間、
この人は話を聞いているのだろうかという「間」を感じることはないだろうか。

この不自然さを解決するポイントとしては、相手の相づちが大切である。
「ハイ」「ハイそうですね」「なるほど」「フン」など。

「うそー」「マジでー」「ホンマ?」は、相手の話を否定する言葉なので乱用は不可。
この人は私の話を信用していないんだと思わせてしまう。

相づちひとつにとっても、話している人からの印象は変わるのである。

あなたがお客様のところに訪れ、商談での聞くときの姿勢。
あなたが真剣に聞いているのか判断されています。

あながた話しているときの相手の反応は、相づちやしぐさから見抜けます。

本著の聞く技術から、相手が話していることを
自身がさえぎっていないかどうか判断することもできるのです。

聞くことは仕事の基本。
カウンセラー並の聞き上手を目指そうとはいいませんが、
「聞くことができる」ことは、「相手の話を正確に理解している」こと。

あなたは正確に私の気持ちを聞き取ってくれる人として
信頼関係を築きあげることができます。

本著はイラストや図がなく、活字慣れしていないと読みづらいかもしれませんが、
あなたの会話術を広げていく上で、一読の価値はあります。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる! 和田 裕美

和田裕美の人に好かれる話し方和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!
和田 裕美
出版社: 大和書房 (2005/6/16)
ISBN-10: 4479791221

著書の和田さんの本には、表紙や帯びに
和田さん自信の写真が掲載されています。

彼女の写真の印象からでも、
相手に対して敵対心を与えない柔和な雰囲気があります。

メイクや雰囲気づくりを欠かさないことが、
彼女が世界No2セールスウーマンとなったといえるだろう。
多くのお客様と対面し、相手の空気感を感じることに
長けていることが文面からよく伝わる。

著者がいうには、人の空気感には3つあり、
・第一印象
・笑顔と動作
・心
で形成されている。
3つの印象づけで相手に対しての印象が変わってくる。

人に好かれるポイントとして、
・人は自分を好きな人が好きである。(好きになりやすい)
・人は自分の話を聞いてくれる人が好きである。
2つが重要と語っている。

恋愛と同じポイントといえる。
好きな相手には話しやすいという点と同じ考え方である。

「話し方」系の書籍としては、とても読みやすく、穏やかな文面の書籍です。
活字が苦手という方でも、すんなり入っていけるのではないでしょうか。

商談・交渉・面接の対策としても良書です。
posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか 山本ケイイチ

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
山本ケイイチ (著)
出版社: 幻冬舎 (2008/5/29)
ISBN-10: 4344980867


仕事を行う上でカラダの体調管理に気をつけることは基本だ。

風邪などの病気から身を守るということも当然であるが、
カラダを動かす機会がないというデスクワークでは、
朝、昼、夜と食事を取るだけでカロリーオーバーになるケースもある。

メタボが注目を浴びるなか、
健康管理までセルフコントロールしなければならない。

筋肉をつければ代謝がアップし、太りにくい体になる。
いかにして筋肉をつけていくべきか、
トレーニングを続けていくためのノウハウをトレーナーである著者が詳しく説明してくれている。
(筋肉の部位におけるトレーニング方法はない)

・7時間以上しっかり寝ないと筋肉がつかない。

・睡眠にはゴールデンタイムがあり、夜11時〜12時、2時〜3時に成長ホルモンが最も多く分泌され、筋肉を修復し、疲労を回復する。

過去記事「「寝る前30分」を変えなさい 高島 徹治」にて
「新しい知識や技術を身につけるためには、
覚えたその日に6時間以上眠ることが欠かせない」と示されていたが筋トレも同じである。

本著は継続させるためのモチベーションアップとして活用できる。

「鍛えた肉体は金で買えない」
は、確かに収入が上がっても得ることはできない。
肉体もしくは健康も同意語である。

いくらお金を払っても、体は筋肉はお金で買えず、健康もお金に買えないのだ。
あなたが病気になり入院・通院しては、手取り収入はマイナスになる。

著書冒頭で書かれている「将来に大きなリターンを生む自己投資」なのである。

太りやすいデスクワークのデザイン職、
あなたはボディマネジメントも考慮しなければなりません。

わたしもですが・・・(^_^;)

posted by キャリアプランナー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。